大手ハウスメーカー利用で注文住宅を建てるデメリット

実は割高である可能性とその理由

大手ハウスメーカーの注文住宅の宣伝を目にすれば、その優雅な世界観と、なにより大手というブランド力に、多くの方々が安心感と信頼感を覚えて当然でしょう。ですが世界にひとつだけの、施主の希望と意向をより反映させる注文住宅に関しては、必ずしも大手だからベストとは言えない、想定されるデメリットが見過ごせません。 まずは企業が自社を維持するのに必要な人件費その他の諸経費、そしてさまざまな媒体を用いた宣伝費などが、受注金額すなわち施主が負担する金額に上乗せされている現実です。確かに大きな組織相応の莫大な金額の流れですが、それらを賄うのは売上であり、売上金を支払うのは注文住宅の発注者、すなわち施主となる顧客に他なりません。 ドライに比較した場合、仮にまったく同一内容の注文住宅建設であれば、小規模精鋭で実績のある工務店に発注した方が割安であることは、理論的に説明が可能です。

アフターケアに関する不安材料

次に大手ハウスメーカーへの発注で想定されるデメリットとして、アフターケアの「質」に関する不安があげられます。全国展開の企業である以上、発注時の担当者が異動で施主の住まいのエリアを離れてしまうケースは、中長期的にみればほぼ100パーセント確実でしょう。職人に関しても同様で、完成後に何らかのアクシデントから、専門的な補修が必要となった場合、当時の担当者が誰ひとり対応できない可能性が否定できません。 企業としてデータこそ保管していたとしても、社内のマニュアルに沿った事務的な対応となれば、たとえば大規模な天災などが原因であった場合、対応が大幅に遅くなってしまうケースが想定されます。その点地域密着の地元工務店であれば、近隣から可能な限り速やかに駆けつけてもらえることでしょう。アフターケアの優劣という点に関しては、必ずしも大手ハウスメーカーに軍配が上がるとは限りません。

一戸建ては土地探しとハウスメーカー探しを同時に行います。完成時期を目安に打ち合わせを進めていくため長いと1年を超えることもあります。